良いエンジンオイルは?MOTUL 300V

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エンジンオイルって何?

オートバイ(以下、バイク)や車などのエンジンを動かす上で

血液とも言える存在が「エンジンオイル」です。

エンジン内部でガソリンが燃えますが

エンジンオイルが潤滑しているおかげで

エンジン自体が焼けるのを抑える重要な役割りをしています。

エンジンの寿命は?

エンジンはガソリンを燃やす事で動力を生み出しますが

バイクは車と比べてガソリンの燃えるテンポが速い(回転数が高い)ため

エンジンの負荷が高くなります。

エンジンの負荷が高いわけですから

エンジンの寿命は車よりもバイクの方が短くなります。

車で10万kmや20万kmを走るのは珍しくないですが

バイクの場合は5万kmも走れば、エンジンの調子は悪化します。

それだけにバイクのエンジンオイルはこまめに良いオイルを使いたいですね。

エンジンオイルの交換時期は?

車種にもよりますが一般的に

4~5千kmまたは1年毎でのエンジンオイル交換を

メーカーは推奨しています。

車の場合は定期点検や車検などで

気づかないうちにオイル交換されている事が多いかと思いますが

バイクの場合は、それほどケアが行き届いているとは言い難いのが現状です。

特に大型バイクは

オイル性能だけで乗り味が大きく違ってきます。

オイル交換直後のエンジン回転のスムーズさやギヤチェンジのし易さは

エンジンオイルが全てと言っても過言ではありませんので

エンジンオイルのこまめな交換はもちろんのこと

オイル選びにも気を使いたいところです。

MOTUL300Vは何がすごいの?

数あるエンジンオイルの中でも世界最高品質のブランドオイルです。

「カストロール」もブランドで言えば一流ですが

ホームセンターなどで見かけるカストロール製エンジンオイルは

残念ながら純正オイルの性能とほぼ変わりありません。

それでも問題ないと言えばそれまでですが「MOTUL300V」は別格です。

・金属へ付着する性質が高いため、エンジン始動時や高回転時に潤滑性を保つ

・粘土指数が高めに精製されているため、エンジン内部の摩耗を防ぐ

どこで買えば安いか?

バイクに乗っている方は自分でオイル交換をする方も多いかと思います。

なかでも「MOTUL300V」は高くて手が出ないと思っている方も多いのではないでしょうか?

確かに店頭価格やバイク屋さんで値段を聞くとなかなかの価格だと思います。

ところがネット通販で、しかも並行輸入品であればどこよりも安く手に入ります!

並行輸入品でも正規品でもエンジンオイル規格は統一なので

粘土選びさえ間違えなければ何も問題ありません。

「MOTUL 300V 4T 10W40 100%化学合成オイル (並行輸入品) 4L」はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク