並行輸入品と正規輸入品って何が違うの?

輸入品には大きく分けて

「並行輸入品」と「正規輸入品」の2つがあります。

この違いがよくわからないかと思いますので紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

正規輸入品について

正規輸入品とは日本の正規代理店が海外メーカーから輸入をする商品となります。

そのため主にブランド品などの商品が該当します。

これらの商品は日本の正規代理店が保証を請け負うため

不良品や故障への対応も日本国内で受けてくれるケースがほとんどです。

また取り扱い説明書等も日本語で用意されるケースが多いです。

正規輸入品のメリット

正規輸入品のメリットは何といっても「安心」だと思います。

商品が偽物というリスクが少ないのと万が一の保証が国内で受けられ

かつ説明書も含めて全て日本語で完結します。

正規輸入品のデメリット

正規輸入品の最大のデメリットは価格です。

日本国内でのサポートを重要視するため、その分コストがかかります。

また商品が日本国内で販売開始される時期も多少遅れる傾向にあります。

並行輸入品について

並行輸入品とは日本の業者(個人や法人)が海外の販売店等を通して

日本へ輸入をする商品となります。

これらの商品はメーカー保証が無いケースが多く

また取り扱い説明書もほぼ英語となります。

並行輸入品のメリット

並行輸入品の最大のメリットは価格です。

正規輸入品と違って、海外の商品をそのまま日本で販売するので

余計なコストがかからない分、正規輸入品よりも安い販売価格となります。

また日本国内で販売されていない便利な商品も無数にあります。

並行輸入品のデメリット

並行輸入品のデメリットは説明書が英語という点です。

メーカーによってはホームページから日本語の説明書をダウンロードできたりします。

最近では商品レビューがネット上に溢れているので、調べるのが面倒じゃない方向きです。

また並行輸入品は偽物が多いというイメージがありますが

実際に海外の販売店で売られているメーカー製の商品を日本に輸入しているだけなので

思いのほか偽物は多くないのが実情です。

並行輸入品はAmazonでの購入がおすすめ!

どうしても並行輸入品に抵抗がある!けど安いから買ってみたい!

と悩んでいる方はAmazonで購入することをおススメします。

なぜかというとAmazonで購入した商品が「偽物だった」とか「違う商品が届いた」場合は

たとえ開封後でも全額返金が可能となるからです。

開封後でも100%返金ってすごいですよね。

これは購入者を第一に考えているAmazonならではだと思います。

並行輸入品と正規輸入品の違いまとめ

海外には日本でお目にかかれない商品がまだまだ存在します。

並行輸入品と正規輸入品の違いを理解する事によって

ショッピングの楽しみが増えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク